サービス内容

現在どの企業も直面している以下の課題は、物流コストを押し上げる大きな要因になっています。

  • 生産の多品種少量化
  • 販売の多頻度・高波動・短納期化
  • デフレによる商品単価の下落
  • 外資や海外工場の影響による構造変化
  • 流通業者(量販店・コンビニ・ホームセンターなど)の独自経営路線の強化
  • 環境考慮による規制強化 etc.

上の課題を解決しつつコストを最適にするためには、物流のコストを点(単価)のみで把握し、コストを落とす(単価を値切る)手法ではなく、物流の流れを全体的に把握し、戦略的に効率化する、つまり流れを調整することによりコストを落とす手法が必要になります。

サービス図

阪南倉庫は物流センターの運営から始まり、輸配送、国際物流から全体的な物流管理など、様々な物流サービスを駆使して、どの点が不合理で、なぜそのような現象が起こっているのか、またそれらをどのように解決するのかまで追求し、お客様に「ジャストフィット:Just Fit(最適)」な物流網を構築します。

トップページにもどる